シルメラ プロジェクト | thilmera project ...       Site Viewer / Auto Update / Version
Windows汎用 多機能システムモニター - あなたの七つ道具
- Download (Japanese) -
Vector 窓の杜
フリーソフト100
- Download (English) -
Softpedia DIGITAL DIGEST
FileCroco MajorGeeks.Com
- Donation -
寄付 - paypal.me
thilmera7s ライセンス
*先日追加されたモニターオフキープ機能は、「モニターオフキープ」を実行しない限りPCに影響を与えることは一切関係ありません。

thilmera7
はじめに
開発支援
バージョンアップ情報
ここがポイント!
PCの機嫌とボトルネックがわかる
十人十色のシルメラ
アップデートで常に進化
導入
インストール/アンインストール
操作
ウィンドウ操作
設定ファイル
カラー設定
機能
エディション
自動アップデート
スタートアップ
レポート
メモリパージ
メモリブレイカー
プロキシの使用
スクリーンショット保存
スクリーンショットのネット共有
リアルタイムTCP-UDP情報
SNTP時刻合わせ
モニターオフキープ
シルメラサーマルネットワーク
PC間データシェア
ネットの仮想通貨情報
地域の気温と天気
Twitter&Discord
古い機能一覧
表示
CPU温度
仮想メモリとページファイル
表示順序
ホットキー
トラブルシューティング
表示がおかしい
シルメラが重い!?
一定間隔で表示が止まる
0b154以降の非管理者権限とlite版
その他Q&A
ライセンス
thilmera7s/S版/カンパ版
ライセンスキーの取得
シェアウェアにおける規約
COPYRIGHT
ネットワークとセキュリティ
ネットワークに接続しない環境での使用
Win10/AMD(旧ドライバー)の脆弱性
セキュリティと送信データについて
アップデートとソフトウェアの信頼性
DMTt7
DMTt7
マスコット
シルたん
その他
雑誌収録履歴
メディア関係(出版・ニュース等)
thilmera proって何?
累計ダウンロード数
thimera 7の紹介をして頂いているページ
シルメラ関連の経費カンパ状況
開発者のプロフィール
セキュリティと送信データについて


 シルメラは全実行ファイル(*.exe)及び内蔵ドライバ(*.sys)(旧ドライバー(Win10/AMD)を除く)に対し、"Gakuto Matsumura"銘でデジタル署名を行っています。署名を発行しているCA(認証局)はGlobalSignです。
 もし違う名前の署名であったり、署名が無効、あるいはGlobalSignの発行ではないものになっている場合は絶対に起動しないで下さい。
 Windows XPにおいて、副署名のアルゴリズム云々と言われるのは、SHA256にOSであるXPが対応していないのが原因なので、これは特に問題ありません。
 なお、本ソフトウェアの自動アップデートは、このデジタル署名が正しいものでない場合はダウンロード、アップデート、再起動のいずれかの時点で停止するようになっています。

 デジタル署名は、発行元が不明なプログラムの多い現代において、プログラムの身元をはっきりさせる”改ざんされていない本来のソフトウェア”を証明するもので、個人開発であるシルメラにも2011年03月から導入されています。
 シルメラのデジタル署名は個人用のものです。そのため、もし作者である私が本ソフトウェアにおいて不正な情報を収集したり、他のプログラムやサービスに情報を送信するような事をしてしまった場合、私のデジタル署名と、個人開発者としてのレピュテーション(評価)は元には戻らないものとなるでしょう。
 一部署名代のカンパ目的でシェアウェア版(S版/thilmera7s)も作成していますが、これはあくまで気にいってくれた方用として設計しているので、機能差別重視の営利目的で分けられたエディションではありません。
 広告やバンドルも無しに無償で提供しているのは、開発理由が趣味である事と、勉強目的(品質の良いプログラムを提供する)であるためです。
 なので、よくあるフリーだけど何々がインストールされますとか、実は途中からスパイウェアでしたみたいなのは絶対やりたくありません。
 コンパイラ(実行ファイルのビルドプログラム)寄生型のワームに私の開発機がかかったり、サーバーが改ざんされない限りは大丈夫だと思います。


 自己サムチェックとして thilmera7.ch によるサムチェックと、デジタル署名の正規チェック機能により、安易な改ざんを防止する処置を施しています。
 自動アップデートでは各種ファイルの一部不一致や、転送エラーなどで破損している場合も停止するように組まれています。
 公式サイトからリンクしている配布サイトからダウンロードしたデータや、自動アップデートで更新したデータに関しては、それなりに安心して使用して頂けると思います。
 それ以外のサイトに勝手にアップロードされているデータは絶対に使用しないで下さい。

 CPU温度などを取得するRing0命令を行うドライバは、クリティカルなエラーを再現できる機能は極力排除したものになっているため、解析されたとしてもそれほど悪用される事はありません。
 ただし、旧ドライバーを使用する場合は既知の脆弱性があるため、詳しくは「Win10/AMD(旧ドライバー)の脆弱性」を参照して下さい。


 シルメラがネットワークにデータを送信する場合とその内容は以下の通り。
初回起動時等HTTPリクエストで GlobalSign へ、デジタル署名の失効状況の確認が送受信(シルメラ扱いと認識される場合あり)。
シルメラ温度ネットON時(~0b164:廃止)起動時と一日に一度、HTTPSリクエストでthilmera.comに対し、CPU,GPUの名称、温度、エクスペリエンス値と悪戯防止用文字列を送信し、同一の物の平均温度を取得。0b165以降は完全廃止。
自動更新チェックON時起動時と1日に一度、及び更新チェック&アップデートがクリックされた時、HTTPSリクエストでthilmera.comに対し、plainテキストファイルからバージョン文字列を取得。
SNTP時刻合わせON時10分に一度、UDPのSNTPリクエストで、指定のホストに対し、時刻を送信し、時刻を受信。
PC間データシェアON時TCPの独自リクエストで、指定ホスト間で表示内容の文字列を送受信。
状態メール送信ON時TCPのSMTPリクエスト(非暗号化)で指定ホストに対し、表示文字列を送信。
自動アップデート時HTTPSリクエストでthilmera.comからサムチェック、パッケージ、アップデート実行ファイルを取得。
カレンダー表示開始(0b134 Rev.4~)オン時と日付変更時にHTTPSリクエストで、thilmera.comに対し、祝日のデータを取得。
アクティベーション使用時HTTPSリクエストで、thilmera.comに対し、ライセンスキーを送信&受信。
仮想通貨系HTTPSリクエストで、各APIサーバーにし、jsonデータを要求、受信。
Twitter&DiscordHTTPSリクエストで、TwitterまたはDiscordのサーバーに対し、データの送受信。
気温, 天気HTTPSリクエストで、query.yahooapis.comサーバーから情報を取得。指定するZipコードがYahooに送信されます。

 PC間データシェアではコンピューター名が送信されますが、元々この機能はイントラネット用に設計されているため、もしいまだに利用したい人がいる場合は識別名をどうしたいかご意見下さい。
 それ以外で個人やPCを特定できる情報、及びIPアドレスの収集は一切行っていません。
 なお、上記のうち、SNTP時刻合わせと状態メール送信は、プロキシを通せないため、プロキシを使用しないとネットワークに接続できないプロパイダ契約の場合は実行できません。





Copyright © 弦生ささと(Gakuto Matsumura) All Rights Reserved.