シルメラ プロジェクト | thilmera project ...       Site Viewer / Auto Update / Version
Windows汎用 多機能システムモニター - あなたの七つ道具
- Download (Japanese) -
- Download (English) -
- Shortcut -

thilmera7
はじめに
開発支援
バージョンアップ情報
ここがポイント!
PCの機嫌とボトルネックがわかる
十人十色のシルメラ
アップデートで常に進化
導入
インストール/アンインストール
操作
ウィンドウ操作
設定ファイル
カラー設定
機能
自動アップデート
スタートアップ
レポート
メモリパージ
メモリブレイカー
プロキシの使用
スクリーンショット保存
スクリーンショットのネット共有
リアルタイムTCP-UDP情報
SNTP時刻合わせ
モニターオフキープ
PC間データシェア
ネットの仮想通貨情報
地域の気温と天気
Twitter&Discord
stage 1 ライブストリーム音声可視化ツール
古い機能一覧
表示
CPU温度
仮想メモリとページファイル
ホットキー
Tips
トラブルシューティング
表示がおかしい
ブラウザなどがクラッシュする
シルメラが重い!?
メモリリーク情報
ショートカットと管理者権限
CPU温度が表示されない
一定間隔で表示が止まる
0b154以降の非管理者権限とlite版
その他Q&A
ライセンス
thilmera7s/S版/カンパ版
ライセンスキーの取得
シェアウェアにおける規約
COPYRIGHT
ネットワークとセキュリティ
ネットワークに接続しない環境での使用
Win10/AMD(旧ドライバー)の脆弱性
セキュリティと送信データについて
アップデートとソフトウェアの信頼性
DMTt7
DMTt7
マスコット
シルたん
その他
雑誌収録履歴
メディア関係(出版・ニュース等)
累計ダウンロード数
thimera 7の紹介をして頂いているページ
シルメラ関連の経費カンパ状況
表示がおかしい


  OSのパフォーマンス取得機構の動作チェック

 I/O稼働率が0のまま動かなかったり、システム時間が49,710などになって固まったりする不具合は、以下の方法で解決します。

1.スタートボタン→アクセサリ→コマンドプロンプト(Vista以降は右クリックで管理者として実行)を起動
2. lodctr /r と打ってエンター
3.システムを再起動


  OSの最新アップデートの重要なものを全てあてる。

  高速スタートアップを使用している場合はオフにしてみる。
または Shift キーを押しながらシャットダウンしてみる。(完全なシャットダウン)

  ディスクチェック-コンポーネント ストア修復-リソース保護の破損回復をする。

 参考引用元:http://freesoft.tvbok.com/tips/pc_maintenance/full-fledged_maintenance.html

1.スタートボタン→アクセサリ→コマンドプロンプト(Vista以降は右クリックで管理者として実行)を起動
2. chkdsk c: /f と打ってエンター
3.システムを再起動
(Windows7の場合は4.5.6.7.8.はスキップ)
4.コマンドプロンプト: fsutil resource setautoreset true c:\ と打ってエンター
5.コマンドプロンプト: DISM /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup と打ってエンター
6.エラーがなくなるまで2.3.4.5.再起動を繰り返す。
7.コマンドプロンプト: DISM /Online /Cleanup-Image /ScanHealth と打ってエンター
8.エラーがなくなるまで2.3.4.5.7.再起動を繰り返す。
9.コマンドプロンプト: DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth
10.コマンドプロンプト: sfc /scannow
11.エラーがなくなるまで繰り返す。

 長期間使用したOSは丁寧に使用していてもやはり何らかの破損が増えていきます。
 シルメラは性質上OSの環境が正常であるかどうかの影響を大変受けやすいため、OSの不調に気付いた場合はこういったメンテナンスを行う事で、マルウェアが原因でない場合はある程度再インストールしなくても復旧してくれます。


 なお、レジストリクリーナーの類のソフトを使うと、必須ライブラリのPDHの機能が削除される場合があります。レジストリのクリーナーを使う場合は必ずバックアップをとり、リストアできるようにしてから実行して下さい。
 レジストリ関連のソフトウェアでPDHそのものが削除されたという報告もありますので、十分に注意して下さい。



Copyright © Gakuto Matsumura:弦生ささと All Rights Reserved.