シルメラ プロジェクト | thilmera project ...       Site Viewer / Auto Update / Version
Windows汎用 多機能システムモニター - あなたの七つ道具
- Download (Japanese) -
Vector 窓の杜
フリーソフト100
- Download (English) -
Softpedia DIGITAL DIGEST
FileCroco MajorGeeks.Com
- Donation -
寄付 - paypal.me
thilmera7s ライセンス
*先日追加されたモニターオフキープ機能は、「モニターオフキープ」を実行しない限りPCに影響を与えることは一切関係ありません。

thilmera7
はじめに
開発支援
バージョンアップ情報
ここがポイント!
PCの機嫌とボトルネックがわかる
十人十色のシルメラ
アップデートで常に進化
導入
インストール/アンインストール
操作
ウィンドウ操作
設定ファイル
カラー設定
機能
エディション
自動アップデート
スタートアップ
レポート
メモリパージ
メモリブレイカー
プロキシの使用
スクリーンショット保存
スクリーンショットのネット共有
リアルタイムTCP-UDP情報
SNTP時刻合わせ
モニターオフキープ
シルメラサーマルネットワーク
PC間データシェア
ネットの仮想通貨情報
地域の気温と天気
Twitter&Discord
古い機能一覧
表示
CPU温度
仮想メモリとページファイル
表示順序
ホットキー
トラブルシューティング
表示がおかしい
シルメラが重い!?
一定間隔で表示が止まる
0b154以降の非管理者権限とlite版
その他Q&A
ライセンス
thilmera7s/S版/カンパ版
ライセンスキーの取得
シェアウェアにおける規約
COPYRIGHT
ネットワークとセキュリティ
ネットワークに接続しない環境での使用
Win10/AMD(旧ドライバー)の脆弱性
セキュリティと送信データについて
アップデートとソフトウェアの信頼性
DMTt7
DMTt7
マスコット
シルたん
その他
雑誌収録履歴
メディア関係(出版・ニュース等)
thilmera proって何?
累計ダウンロード数
thimera 7の紹介をして頂いているページ
シルメラ関連の経費カンパ状況
開発者のプロフィール
ネットワークに接続しない環境での使用


 ネットワークに一切接続していない環境でシルメラを使用したい場合、デジタル署名の証明書の失効確認が取れていない事か原因で、本体が正規のものか判断できずに起動しない場合があります。
認証局の説明で「※署名検証時に署名に使用された証明書が、失効されていないかどうかをオンラインで確認するようになっており、その際に、グローバルサインのシステムへのアクセスが発生いたします。
 ※失効確認をするかどうかの設定は、クライアント環境で変更する事ができます。」と説明されています。

 ブラウザのインターネットオプション中の詳細設定より、失効確認を行わない設定にすることも可能ですが、セキュリティ上は望ましくないため、設定変更には十分気を付けてください。



その他のオフラインインストール方法

 thilmera7はVista以降のOSでは インターネットに接続しないマシン(以下、オフライン環境)では、デジタル署名が失効していないかの確認がとれない等の理由により、起動しない場合があります。
 そのため、証明書のバックアップを作成し、 証明書の認証をオフライン環境でも可能にする手順を説明します。

 オンライン環境では、HTTPS接続を利用した際に自動的に新しいルート証明書の更新が行われます。

オンラインの環境で証明書のバックアップを作成する。

1.thilmera7を右クリックし、プロパティを表示します。(Alt押しながらダブルクリックでもOK)

2.デジタル署名をクリックします。

3.著作者名のフィールドをクリックして、[詳細(D)]をクリックします。

4."デジタル署名の詳細"ウィンドウが表示されるので、[証明書の表示(V)]をクリックします。

5."証明書"ウィンドウが表示されるので、[詳細]タブから[ファイルにコピー(C)...] をクリックして下さい。

6."証明書エクスポートウィザードの開始"ウィンドウが表示されます。

7.[次へ(N)]を押し、エクスポート形式を選択画面に移動します。

8.「使用する形式を選択してください:」では、 [Cryptographic Message Syntax Standard - PKCS #7 証明書 (.P7B)(C)] を選択して下さい。 この時に、[証明のパスにある証明書を可能であればすべて含む(I)] のチェックを入れるのを忘れないでください。

9.ファイル名を指定してエクスポートします。( thilmera7_Sign-BAK 等わかりやすい名前に。)

10."証明書エクスポートウィザードの完了"画面が表示されます。[完了(F)]を押してください。


証明書のバックアップを復元する。

1.オフライン環境にthilmera7とthilmera7_Sign-BAKをコピーします。

2.thilmera7_Sign-BAKを右クリックし、[証明書のインストール]をクリックします。

3."証明書のインポート ウィザード"ウィンドウが開きます。

4.[次へ(N)]を2回ほど押し、証明書のインストールを完了します。

5."セキュリティ警告"ウィンドウが表示されます。

---------------------------
セキュリティ警告
---------------------------
発行者が次であると主張する証明機関 (CA) から証明書をインストールしようとしています:

GlobalSign

証明書が実際に "GlobalSign" からのものであるかどうかを検証できません。"GlobalSign" に連絡して発行者を確認する必要があります。 次の番号はこの過程で役立ちます:

拇印 (sha1): D69B5611 48F01C77 C54578C1 0926DF5B 856976AD

警告:
このルート証明書をインストールすると、この CA によって発行された証明書は自動的に信頼されます。確認されていない拇印付きの証明書をインストールすることは、セキュリティ上、危険です。 [はい] をクリックすると、この危険を認識したことになります。

この証明書をインストールしますか?

---------------------------
はい(Y) いいえ(N)
---------------------------
上記警告文に同意する場合は[はい(Y)]を押してください。

6.インポートが完了したらこれで証明書のバックアップの復元は完了です。





Copyright © 弦生ささと(Gakuto Matsumura) All Rights Reserved.