シルメラ プロジェクト | thilmera project ...       Site Viewer / Auto Update / Version
Windows汎用 多機能システムモニター - あなたの七つ道具
- Download (Japanese) -
- Download (English) -
- Shortcut -

thilmera7
はじめに
開発支援
バージョンアップ情報
ここがポイント!
PCの機嫌とボトルネックがわかる
十人十色のシルメラ
アップデートで常に進化
導入
インストール/アンインストール
操作
ウィンドウ操作
設定ファイル
カラー設定
機能
自動アップデート
スタートアップ
レポート
メモリパージ
メモリブレイカー
プロキシの使用
スクリーンショット保存
スクリーンショットのネット共有
リアルタイムTCP-UDP情報
SNTP時刻合わせ
モニターオフキープ
PC間データシェア
ネットの仮想通貨情報
地域の気温と天気
Twitter&Discord
stage 1 ライブストリーム音声可視化ツール
古い機能一覧
表示
CPU温度
仮想メモリとページファイル
ホットキー
Tips
トラブルシューティング
表示がおかしい
ブラウザなどがクラッシュする
シルメラが重い!?
メモリリーク情報
ショートカットと管理者権限
CPU温度が表示されない
一定間隔で表示が止まる
0b154以降の非管理者権限とlite版
その他Q&A
ライセンス
thilmera7s/S版/カンパ版
ライセンスキーの取得
シェアウェアにおける規約
COPYRIGHT
ネットワークとセキュリティ
ネットワークに接続しない環境での使用
Win10/AMD(旧ドライバー)の脆弱性
セキュリティと送信データについて
アップデートとソフトウェアの信頼性
DMTt7
DMTt7
マスコット
シルたん
その他
雑誌収録履歴
メディア関係(出版・ニュース等)
累計ダウンロード数
thimera 7の紹介をして頂いているページ
シルメラ関連の経費カンパ状況
設定ファイル


 シルメラのあるフォルダには "thilmera7.ini" というテキスト形式の設定データファイルが自動生成され保存されます。
 また、設定データのうち、簡単に読み取られてはならないデータ(パスワードやAPIキーなど)は "thilmera7key.ini" に独自形式で保存されます。(安全性の保障ではない)
 UACランチャーの内容は "thilmera7uac.ini" に独自形式で保存されます。

 それぞれの設定ファイルは ini.bak ini.bak2 の2つに世代保存されてローテーションされます。
 これは、本来のiniファイルの中身が、なんらかの原因で消失した場合のバックアップです。

 初期状態に戻したい場合、本来のiniのみだけでなく、 ini.bak ini.bak2 も全て消さないかぎり、元の設定が復帰します。


 書式は基本的に "option_name = data;" となっていて、オンオフはon offのどちらかで、数値ものは半角英数の数値、文字はダブルクォーテーションで囲みます。
 
 ダブルクォーテーションで囲んだ部分以外のスペースと改行コードは無視され、指定がない項目は全てデフォルトの設定が適応されます。
 一部だけデフォルトに戻したい場合は、該当する設定を消せばデフォルトの設定になります。当然、iniファイルそのものを消したら全てデフォルトに戻ります。

 起動中はF5キーで設定ファイルを取り込めますが、現在はプロパティウィンドウでの操作を前提としているため、プロパティの設定の読み込みボタンの使用を推奨します。
 また、シルメラの起動中にiniファイルを変更し、シルメラを終了という手順を踏むと、終了時の実行中だった方のデータが上書きされるため、変更する場合はシルメラを停止した状態で行うか、変更した後にプロパティ>設定の読み込みを実行して下さい。
 初回起動時や、新しく追加された項目については、プロパティの「設定の保存」を押すか、一度終了するまでiniには追加されないので、どちらかを行ってから開いてください。


 要素には6つのタイプがあります。

 on 又は off / オンオフどちらかのスイッチ
 整数 / 半角数字で設定
 実数 / 半角数字と小数点ドットで設定
 "文字列" / ダフルクオーテーションで囲まれた文字列
 "数値" / 大型数字を表すダブルクオーテーションで囲まれた数値
 キーマップ / バイトで内容を記載。変更は非推奨。

 iniファイルの中身は基本的にプロパティ画面で設定できるものですが、一部iniファイルを直接設定するものがあります。

 io_net_labels(0~9) / ネットワークI/Oのlist表示であるnet1,net2の部分を好みの文字列にラベリングする事ができます。

 status_mother_label(0~9) / mother:の項目の頭にラベルをつける事ができます。

 status_cpu_clock_fix / 1.0 = 1倍で、オーバークロックなどをしている場合にリアルタイムクロックの数値がずれてしまう場合は、1.125 = (1.125倍=12.5%増)などを指定して調整する事ができます。

thilmera7key.ini は別環境にコピーできません

 "thilmera7key.ini" は基本的に別のPC環境にコピーした場合、初期化されます。



Copyright © Gakuto Matsumura:弦生ささと All Rights Reserved.