シルメラ プロジェクト | thilmera project ...       Site Viewer / Auto Update / Version
Windows汎用 多機能システムモニター - あなたの七つ道具
- Download (Japanese) -
Vector 窓の杜
フリーソフト100
- Download (English) -
Softpedia DIGITAL DIGEST
FileCroco MajorGeeks.Com
- Donation -
寄付 - paypal.me
thilmera7s ライセンス
*先日追加されたモニターオフキープ機能は、「モニターオフキープ」を実行しない限りPCに影響を与えることは一切関係ありません。

thilmera7
はじめに
開発支援
バージョンアップ情報
ここがポイント!
PCの機嫌とボトルネックがわかる
十人十色のシルメラ
アップデートで常に進化
導入
インストール/アンインストール
操作
ウィンドウ操作
設定ファイル
カラー設定
機能
エディション
自動アップデート
スタートアップ
レポート
メモリパージ
メモリブレイカー
プロキシの使用
スクリーンショット保存
スクリーンショットのネット共有
リアルタイムTCP-UDP情報
SNTP時刻合わせ
モニターオフキープ
シルメラサーマルネットワーク
PC間データシェア
ネットの仮想通貨情報
地域の気温と天気
Twitter&Discord
古い機能一覧
表示
CPU温度
仮想メモリとページファイル
表示順序
ホットキー
トラブルシューティング
表示がおかしい
シルメラが重い!?
一定間隔で表示が止まる
0b154以降の非管理者権限とlite版
その他Q&A
ライセンス
thilmera7s/S版/カンパ版
ライセンスキーの取得
シェアウェアにおける規約
COPYRIGHT
ネットワークとセキュリティ
ネットワークに接続しない環境での使用
Win10/AMD(旧ドライバー)の脆弱性
セキュリティと送信データについて
アップデートとソフトウェアの信頼性
DMTt7
DMTt7
マスコット
シルたん
その他
雑誌収録履歴
メディア関係(出版・ニュース等)
thilmera proって何?
累計ダウンロード数
thimera 7の紹介をして頂いているページ
シルメラ関連の経費カンパ状況
開発者のプロフィール
DMTt7


DMTt7 [DiskMirroringTool - t7 (thilmera project)]


 これは thilmera7の 0b159 から同梱されたもので、元々古くは2001~2002年にあった MERCURY 氏の作成していたフリーソフト、"DiskMirroringTool" を、私がオーバーホールしたバージョンです。

 このソフトではいくつかのプロファイルに、ミラーリングする場所や設定を複数束ねて使用するスタイルの非常に解りやすいファイル単位のミラーリングツールで、かくゆう私も古くからのユーザーの一人でした。
 後に更新が停止され、停止サイトにはリンク切れになったソースへのリンクなどが公開されていて、DiskMirroringTool UNICODE (DMTU) などの派生ソフトが存在します。

 ただ、私もこの元祖DMTに公認されたらしき一文を載せているDMTUを使用してみましたが、レジストリからiniファイルを使用することを推奨しているのに、iniファイルを使うと致命的に動作が遅いという根本的問題が解決していませんでした。
 同じく元祖DMTの最大の欠点である、UIの使い方がOSに依存することよって、コピーそのものが発生していなくてもかなり一件あたりに時間を割くことになり、数千件のファイルチェックだけで結構な時間がかかってしまうという問題も、DMTUは同様の仕様を引きずる形となっています。

 ならばDMT以外のミラーリングソフトでいいのがいっぱいあるのではないかと探したこともありますが、しっくりくるものがなく、そもそも大前提の機能自体は元祖DMTで満足でした。
 そこで、個人的に仕事含めてメインで使用していることもあり、独自にチューンしてみよう。ということでネットのアーカイブからソースを引っ張り出し、個人的に弄りだしたというのが制作のきっかけです。

 まぁ主眼は両者共にOSに依存しているiniファイルの激重と、OS依存のUIが邪魔しているファイル単位の処理速度低下の抜本的解決で、両者ともに満足のいく結果がだせました。
 DMTt7ではiniファイルに至ってはレジストリよりも速い速度が出せます。
 また、これもOSのUIが原因で、ログが長くなればなるほど速度が遅くなっていく問題も完全に解決しています。


元祖DMTとの違い


 DMTUさんと被るところも多いですが、元祖DMTとの大きな違いは以下の通りです。(DMTUさんとの大きな違いは■ それ以外は●)

 ■ 32bit/64bitネイティブ。
 ■ 描画を全て自前で制御するように変更。(肝心のミラーリング動作のボトルネックの解消)
 ■ iniファイルの扱いをOS依存から完全独自ロジックに切り替え、レジストリ使用時よりも高速に動作するように変更
 ■ レジストリ<>iniファイルの変更時に、選択されていないプロジェクトも全てコピーするように変更

 ● 完全UNICODE化。(非日本語文字などに対応他、長いパスに対応)
 ● ローカルドライブ、ネットワークドライブ共にロングネーム(文字数260 > 32767)に対応(多分)
 ● VISTAスタイルの適用
 ● 各処理の種類別にタグを色付けして表示
 ● リザルトにチェックトータルバイト数、転送速度/秒を追加
 ● 処理対象バイトと総バイト数を64ビットに変更
 ● チェック件数と処理件数、処理対象総バイト数を完了後に表示

 以下はソースのアーカイブ内にあった要望の適用

 ● 中断時に確認を行うように変更
 ● ファイルの処理する対象として C*.* と指定するとCで始まるフォルダが全て処理対象となってしまう不具合の修正

元祖DMTからの移行


 DMTt7では、設定は全て DMTt7.ini というファイルに保存されますが、このファイルがない場合、元祖DMTのレジストリから設定が復元されます。
 以降は DMTt7.ini を各自でバックアップするなりすればいつでも復元できますし、DMTt7.iniさえコピーすればどこでもポータブルに設定の再現が可能です。

 元祖、およびDMTUにあった問題点である、iniファイルを使用することで動作が極端に重くなる問題は、全ての処理を自作することで解決していて、レジストリの利用よりも確実に処理は高速なため、DMTt7ではレジストリは元祖からの移行のみ行い、それ以外でレジストリを使用することはありません。


著作権とソースについて


 元祖DMT作者の MERCURY 氏の名前とコピーライトを本ソフト(DMTt7)で掲載しています。
 著作権は MERCURY 氏と私(弦生ささと-Gakuto Matsumura)の二人になります。
 元にしたソースデータの中に、とくにライセンスに関して改変後のソースの公開義務は明記されていなかったので、ほぼ原型をとどめていない所も多いことや、独自ノウハウが多く含まれることから、ソースデータは非公開となります。
 元にしたソースデータ(私の改変前のもの)は公開(といっても検索したらアーカイブがひっかかりますが)要求があれば公開します。
 DMTt7の再配布はセキュリティ面なども考慮し、許可しません。
 また、DMTt7もシルメラ同様デジタル署名がされているので、デジタル署名が無かったり無効になっているものは絶対に実行しないで下さい。

DMTt7の配布について


 DMTt7はあくまでシルメラの付属ツールであり、DMTt7を単体で配布する予定は今のところありません。
 これはDMTt7もシルメラのアップデート機能で更新するように設計したためでもあります。
 シルメラからはメインメニューからDMTt7を呼び出すことができ、シルメラのアップデート実行時に動作している場合は停止要求を送り、停止をまって更新されるように設計されています。
 DMTt7のフォルダだけ移動させて個人的に別々に利用するのは自由ですが、再配布は許可していません。
 DMTt7を含めたバイナリデータは、シルメラの各配布サイト(https://thilmera.com/に記載されているもの)から入手して下さい。





Copyright © 弦生ささと(Gakuto Matsumura) All Rights Reserved.