シルメラ プロジェクト | thilmera project ...       Site Viewer / Auto Update / Version
Windows汎用 多機能システムモニター - あなたの七つ道具
- Download (Japanese) -
- Download (English) -
- Shortcut -

thilmera7
はじめに
開発支援
バージョンアップ情報
ここがポイント!
PCの機嫌とボトルネックがわかる
十人十色のシルメラ
アップデートで常に進化
導入
インストール/アンインストール
操作
ウィンドウ操作
設定ファイル
カラー設定
機能
自動アップデート
スタートアップ
レポート
メモリパージ
メモリブレイカー
プロキシの使用
スクリーンショット保存
スクリーンショットのネット共有
リアルタイムTCP-UDP情報
SNTP時刻合わせ
モニターオフキープ
PC間データシェア
ネットの仮想通貨情報
地域の気温と天気
Twitter&Discord
stage 1 ライブストリーム音声可視化ツール
古い機能一覧
表示
CPU温度
仮想メモリとページファイル
ホットキー
Tips
トラブルシューティング
表示がおかしい
ブラウザなどがクラッシュする
シルメラが重い!?
メモリリーク情報
ショートカットと管理者権限
CPU温度が表示されない
一定間隔で表示が止まる
0b154以降の非管理者権限とlite版
その他Q&A
ライセンス
thilmera7s/S版/カンパ版
ライセンスキーの取得
シェアウェアにおける規約
COPYRIGHT
ネットワークとセキュリティ
ネットワークに接続しない環境での使用
Win10/AMD(旧ドライバー)の脆弱性
セキュリティと送信データについて
アップデートとソフトウェアの信頼性
DMTt7
DMTt7
マスコット
シルたん
その他
雑誌収録履歴
メディア関係(出版・ニュース等)
累計ダウンロード数
thimera 7の紹介をして頂いているページ
シルメラ関連の経費カンパ状況
メモリブレイカー


 この機能は使い方を誤ると大変危険な機能なので、利用の際は必ず読んでください。
 この設定「メモリブレイカー」は、遠隔操作の仮想PC上にて、メモリが100%を超えるとシステムそのものが反応停止するという問題を強引に回避するための機能なので、通常のPCで使用してはいけません。


 0b143で導入された機能です。
 物理メモリの使用率が指定した%(50-100の間で指定)に達すると、プロセスの中で最もメモリを使用しているプロセスを強制終了します。

 遠隔操作のWindowsが、メモリリークなどのトラブルにより、リモートデスクトップ接続を行うメモリ余剰を無くしてしまうといったケースに対し、肥大化したプロセスをブレイカーを落とすように止めることで、OS全体を停止させない目的などに利用できます。
 Windows10のローカルPCでこの機能を使うことは恐らくデメリットしかないので、使用には注意して下さい。
 プロセスのメモリ使用量のランキングは、トッププロセス系がオンの場合に、プロセスのWorkingSet値を基準に選定されます。
 あくまでブレーカーは消費を抑えるクリーナーではなく、強制リミッターなので、対象となったアプリケーションは正常な終了時の処理がされません。使用の際はこのデメリットを熟考の上利用して下さい。

 この強制終了はトッププロセス系の周期で実行され、指定%以下になるまで使用量の高い順に終了させます。

 メモリ上に仮想ドライブを作成するRAMドライブなどとの併用は大変危険なため、可能な限り避けて下さい。

 以下の実行ファイル名はスルー(終了対象外)されます。
 ・"explorer", "csrss", "smss", "services", "svchost", "winlogon", "dwm", "thilmera7", "thilmera7s"
 ・サービスとして稼働しているもの。
 ・シルメラがプロセス終了の権限がとれなかったもの。



Copyright © Gakuto Matsumura:弦生ささと All Rights Reserved.