シルメラ プロジェクト | thilmera project ...       Site Viewer / Auto Update / Version
Windows汎用 多機能システムモニター - あなたの七つ道具
- Download (Japanese) -
Vector 窓の杜
フリーソフト100
- Download (English) -
Softpedia DIGITAL DIGEST
FileCroco MajorGeeks.Com
- Donation -
寄付 - paypal.me
thilmera7s ライセンス
*先日追加されたモニターオフキープ機能は、「モニターオフキープ」を実行しない限りPCに影響を与えることは一切関係ありません。

thilmera7
はじめに
開発支援
バージョンアップ情報
ここがポイント!
PCの機嫌とボトルネックがわかる
十人十色のシルメラ
アップデートで常に進化
導入
インストール/アンインストール
操作
ウィンドウ操作
設定ファイル
カラー設定
機能
エディション
自動アップデート
スタートアップ
レポート
メモリパージ
メモリブレイカー
プロキシの使用
スクリーンショット保存
スクリーンショットのネット共有
リアルタイムTCP-UDP情報
SNTP時刻合わせ
モニターオフキープ
シルメラサーマルネットワーク
PC間データシェア
ネットの仮想通貨情報
地域の気温と天気
Twitter&Discord
古い機能一覧
表示
CPU温度
仮想メモリとページファイル
表示順序
ホットキー
トラブルシューティング
表示がおかしい
シルメラが重い!?
一定間隔で表示が止まる
0b154以降の非管理者権限とlite版
その他Q&A
ライセンス
thilmera7s/S版/カンパ版
ライセンスキーの取得
シェアウェアにおける規約
COPYRIGHT
ネットワークとセキュリティ
ネットワークに接続しない環境での使用
Win10/AMD(旧ドライバー)の脆弱性
セキュリティと送信データについて
アップデートとソフトウェアの信頼性
DMTt7
DMTt7
マスコット
シルたん
その他
雑誌収録履歴
メディア関係(出版・ニュース等)
thilmera proって何?
累計ダウンロード数
thimera 7の紹介をして頂いているページ
シルメラ関連の経費カンパ状況
開発者のプロフィール
その他Q&A






横幅を変更したい→メインウィンドウの左端、右端をドラッグする事でウィンドウの横幅を調節できます。
設定がてきない→メインウィンドウを右クリック→プロパティか、左クリック+F1キー(デフォルト設定)を押す。又はタスクトレイのアイコンを右クリック→プロパティで設定ウィンドウを開きます。
文字が小さすぎて見えない→プロパティ→フォント→トッド文字表示の下にある*.bmpを大きなものに変えましょう。4kモニターの場合は*4k.bmp系を使用するとよいです。
Vistaでメモリリークする→Windows Vista SP無し~SP1では、OSのライブラリの"PDH.DLL"がメモリリークすると公式発表が出されているので、SP2以降をインストールして下さい。
CPU温度が変化しなくなった。または急に--'Cになった→CPU温度を参照
GPU温度が出ない。または--'Cになる→GPU情報を参照
サブディスプレイに表示させたが、再起動するとメインモニタに戻る→マルチモニタ環境では、グラフィックカードのコントローラーが、プログラムを起動するモニタを設定、補正する物があり、この機能がオン、或いは設定が行われている場合、アプリケーションが強制的に一定のモニタに表示されてしまいます。シルメラ固有の問題では無いため、グラフィックカードのコントロールパネルで設定を行って下さい。
マウスオーバー非表示を使ったら操作できなくなった→タスクトレイアイコンを右クリックして、マウスオーバー非表示OFFをクリックして下さい。
メインウィンドウが左上に戻ってしまう→プロパティの位置補正をオフにしてみて下さい。
上端に文字がかぶる→プロパティ>ウィンドウのside marginの数値を増やしてみて下さい。
マザー表示でWAITのままになる→マザーボード表示機能はS版専用機能です。また、4大マザーボード以外には対応していません。
フォントを変更すると数値のケタ数が変わる度にズレる→シルメラは固定幅フォントを前提に作成されています。OSフォントを使用する場合は大抵が可変幅フォントなので、可変フォントを使う場合は隣のFにチェックをいれて下さい。
メモリリーク(メモリ使用量が増加)する→gdippを使用している場合は除外設定にして下さい。gdipp等を使用していない場合にメモリリリークし続ける場合は掲示板などで連絡下さい。
WSA_*_ERROR 80070490→サウンドアナライザー使用中にWSA_*_ERRORで 80070490 (E_PROP_ID_UNSUPPORTED) が出る場合は、以下の修正を当てると直るようです。http://support.microsoft.com/kb/947821/ja
WSA_*_ERROR 80070008 8007000E →サウンドアナライザー使用中にWSA_*_ERRORで 8007000E などが出つづけてしまうのは、多くの原因がPCのメンテナンス不足とメモリ不足です。物理メモリの余裕を確保してみて下さい。
起動するとメモ帳が開く→スタートアップ等にシルメラのショートカットを作る際、ショートカットではなくコピーをしてしまっていませんか?
 ショートカットを確認してみてください。
サウンドアナライザーを使用するとスリープされない →notRenderをオンにしてみて下さい。
ウィンドウが白い!→プロパティ>カラー>Window Colored(Old)をオンにして下さい。
マルチ画面で右下に置いておくと表示位置のxがマイナスになる→設定の右下固定をオンにしてみて下さい。
ページファイル表示の数値が0から動かない→シルメラのページファイル表示は類似ツールの仮想ファイル値表示とは違い、物理HDDのスワップファイルの使用率を表示します。メモリの詳細表示で、スタンバイ(デフォルトでは青)のバーが右端までいっていない場合は全てがメモリ上で処理されている状態です。
AMDのCPUで全コアを押しても変化がない→AMDの温度取得は単一のみです。
GPUが実装の2倍の数表示される→最近のADL(Catalyst)は、NVIDIAのカードを認識するようになっているものがあるようです。
 なので、AMD系とNVIDIA系を両方差している方や、一時期AMDのドライバをインストールしたことがあるNVIDIAの方は同じものが2箇所表示されるといった現象が起こる事があります。
 前者の場合はどうしようもないですが、後者の場合はAMDのDLL(atiadlxx.dll,atiadlxy.dll)を完全削除する事で回避する事ができます。
ランチャー等からシルメラが起動できない→どうしてもランチャー等を使いたい場合はLite版を使用して下さい。セキュリティ上の問題から、通常版とS版は起動元を制限しています。
アップデートしたいけどファイルが上書きできない→セキュリティの問題でファイルが上書きできない場合は、ファイルのプロパティ>セキュリティタブで所有権があるか確認して下さい。更新には自動アップデート機能を推奨しています。
古いバージョンを使いたいんだけど→シルメラはその性質上非常にセキュリティ面でシビアな部分に触れています。
 最新版ではないものはセキュリティホールや脆弱性が残っており、それを使い続けるとOSに致命的なダメージを引き起こす可能性があります。
 そのため、バージョンアップしたけど前の状態が良かったと思われた方は、何バージョンの何機能、もしくは表示などの再現の要望を掲示板に書き込んで下さい。
 新しいバージョンでは可能な限り互換性をもったものを作成しています。
 シルメラユーザー全体のため、あなた自身のコンピューターのため、最新版へのアップデートをよろしくお願いします。
CPU温度の右にあるカッコ内の意味は?→CPU温度のチェックボックス>平均がオンの場合に表示される温度の平均値です。
レポートのCPU情報にある
average temp of this cpu = 47'C freq: 2048
というのがその内容で、意味は上の場合、2048秒間の温度平均値が47度である。という意味になります。
別PCにコピーしたら一部起動/再起動しない→Auto Start Serviceで、「UACスタートアップ 対象に登録」をすると、その時にPCにログオンしているユーザー名が起動、または再起動の対象として登録されます。
この状態で別のユーザー名のPCにiniファイルをコピーすると、起動時に管理者権限へ移行する際や、再起動ボタンなどで起動しなくなります。
「UACスタートアップ 全対象」を選択することでこの問題は解消されます。
また、iniファイル内のstartup_usersの行を消すことでも対処できます。




Copyright © 弦生ささと(Gakuto Matsumura) All Rights Reserved.