logo UO Mapistro
DL 35,451 / Version 0,1ch 0b47 2ch 0b46
Japanese / English

Q&A

操作ができなくなった
タスクトレイアイコンを探して右クリックして下さい。
ウィンドウ最前表示を解除したい
ウィンドウをWクリックするか、メニューの「表示切替」「最前表示」で切り替えられます。
日本語、あるいは英語を任意に選択したい
メニューを開き、"Language"から任意の言語に切り替えができます。
また、表示切替 - ON / OFFの、日本語ラベル - ON / OFF により、ラベルの日本語と英語を切り替えることができます。
殆どの文字列が、 [■ LANGUAGE ERROR ■] と表示される
リソースファイルである「 uovmc.dat.t7p 」ファイルが同じフォルダに無い。または壊れている。またはバージョン違いてある場合に起こります。
解決するにはアップデータなどで再ダウンロード、再設置をして下さい。
クライアントの操作が重くなる
半透明表示をオンにしていると、 UO Mapistro が更新されるタイミングで下にかぶっているクライアントに描画要求が入ります。そのため、無しの時よりもクライアントの処理が重くなる場合があります。
なお、この負荷はWindowsのOS上の表示処理に起因するもので、 UO Mapistro がクライアントに直接なにかの影響をあたえているわけではありません。
追加したマップファイルが文字化けする
マップファイルをUnicode-16LEで保存しなおして下さい。
UO フォルダが見つからないと出る
右クリックで出るメニューから、「UOフォルダの変更」を押し、 UO のあるフォルダを指定して下さい。
Felucca 以外真っ黒です
なんらかの理由でマップ変換が途中で止まり、本来05までできるはずのファイルができない場合があります。
一旦facet**.2dファイルを消して再変換してみて下さい。
自動でアップデートされますか?
バージョン 0b4 Rev.1 Beta 以降では、それ以降の最新バージョンに自動アップデートされます。
このアップデート機能は、ダウンロードしたアップデート用のパッケージのハッシュが正しいものであること。同パッケージ内のバージョン情報と最新バージョン情報が一致していること。
かつアップデーターと展開された新しいプログラムのデジタル署名(CAによる承認された正規コードサイニング)が正しいものであり、かつ私の署名であることが確認されなければ、途中で停止するようになっています。
古いベータ以外のバージョンをダウンロードされた方は、アップデートのために再度ダウンロードしにくる必要はありません。

もともと自動のアップデートは UOAM などにもありましたし、 UO Mapistro に使われるアップデートのロジックは、アクティブな更新をしているユーザーが1万人以上いる私個人開発のアプリケーションで使われているものと同様のものなので、ある程度の安全性は確保されています。
UO Mapistro はクライアントの通信パケットを読み取りますか?
いいえ。 UO Mapistro はクライアントのパケットを一切読み取らず、干渉もしません。
UO Mapistro は暗号化された情報を読み取りますか?
いいえ。 UO Mapistro が読み取るのは、そのままの状態で読み取ることができる座標などの整数値と、ウィンドウのタイトルバーのテキストのみです。

Mapデータに関しては、 UO2D では変換処理の際に、 ".mul", ".uop" のファイルの一部を読み取ります。
UOSA の場合は起動時に ".dds" ファイルを読み取ります。
それ以外のファイルにはアクセスしません。

SOS やトレジャーハントのアナライズは、その時画面に表示されているスクリーンショット画像のみを扱います。
UO Mapistro のスクリーンショットや動画を公開していいですか?
UO Mapistro のスクリーンショットや動画を公開することに制限はありません。
が、現段階ではまだ uovmc は承認3rd party programではないため、それらが理由で発生するトラブルには責任を持ちません。
デジタル署名されているメリットはなんですか?
UO Mapistro は正規のデジタル署名(コードサイニング)がされています。

メリット1: UO Mapistro のプログラムを開く前にエクスプローラーのプロパティ等で見ることにより、 UO Mapistro が正規の発行されたオリジナルのプログラムであり、ウィルスや悪意あるコードの混入された改ざんプログラムではないかを確認する事が出来ます。

メリット2:正規のデジタル署名(コードサイニング)には私の本名などのデータが入っており、それを証明している正規の第三者認証局には、万一改ざんされていない正規のプログラムが法律的に不正なアクティビティ(ユーザーのログイン情報日収集するなど)を行っていた場合、法的に私を訴えることができます。

メリット3: UO Mapistro には自己診断ロジックが組み込まれており、容易な改ざんができないようにしてあります。また、アップデートプログラムや、その後実行されるアップデートしたプログラムも事前に正規のデジタル署名(コードサイニング)がされているか確認する診断ロジックが組まれています。
IMEで文字を変換をするとクラッシュします
OSの破損なので、以下を試してください。

1.コマンドプロンプトを管理者権限で開く。
2.以下のコマンドを実行し、エラーがなくなるまで繰り返す。
chkdsk c: /f
fsutil resource setautoreset true c:\
DISM /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup
DISM /Online /Cleanup-Image /ScanHealth
DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth
sfc /scannow

非公式のクライアントとRazorを使用すると、位置がフォローされませんUOA-TP モードを利用してみて下さい。
Orion UO のTest modeの動作が不安定Orion UO のTest modeの動作が不安定な場合は、 UOA-TP モードを利用すると改善される場合があります。
位置共有しているプレイヤー名が見えない位置共有では、各自が設定する名前のみが表示されます。プレイヤー名の表示はプライバシーの面から、オフライン時のみ表示に採用されます。
UOA-TP モードで管理者権限で実行できないUOA-TP の接続先と UO Mapistro は、双方が同じ権限である必要があります。
たとえば UOA-TP ウィンドウが非管理者権限ならば、 UO Mapistro も非管理者権限にしないとデータのやりとりができません。

UOA-TP モードの UO Mapistro が管理者権限で実行できないわけではありませんが、対象の UOA-TP ウィンドウが非管理者権限の場合は、非管理者権限で動作させる必要があります。
複数でバラバラの権限が混在している場合は正常に動作しません。
作者は引退しているんですか?2022年の春に引退済みです。
課金アカウントは残してあるので、軽い作業量の対応は可能ですが、もうプレイすることはないと思います。
引退理由の大まかな内容は以下になります。

捏造され、誤った私の人物像が独り歩きした結果、身に覚えのない誹謗中傷を私本人に直接言う、勘違いした人が、10年経っても居る。
10年間沈黙を守ったが、これらが改善されることはなく、私に対する悪意はなくならなかった。
詳しくはわからないが、私本人とは関係ない所から悪意の元が発生、捏造されているため、私自身ではこれらは解決できない。
私の行動理念が、「私がより多くの人の役に立つこと」であるため、私を嫌っているコミュニティに対して、価値提供を続けても、生産性がない。
と判断しました。

ちなみにこれらの問題は日本語圏の、かつ限定的な場所のもののようで、日本人でも全く知らない人は全く知りません。
私自身もわざわざ見に行かないのでよく知りません。





以下質問への返答

要望や意見はどこに書けばいいですか?
UO Mapistro のプロジェクトは失敗したため、積極的な開発は終了しています。
なんらかの要望がある場合、依頼者は「フリーランスのエンジニアを雇う」という内容に対して常識的な報酬を支払う必要があります。

当アプリ、または私に対して連絡をとりたい場合はメールアドレス uo.mapistroGmail.com までお願いします。
その他のコミュニティや掲示板等は見ていないので対応できません。
また、身元が証明できない場所で私が何かを発言したり返信することはありません。
もしどうしても私が発言しなければならない何らかの状況になった場合は、必ずこのサイト上で発言し、そのURLを掲載します。
UO Mapistro 内の座標を抽出したいです
UO Mapistro は、スクリプトやボットなどを支援することはありません。
これらに該当する要望や質問、間接的利用は禁止です。
UOSA のカスタムUI使用ガイドラインをクリアしているか?
クリアしてるかの明確な答えは持ってませんが、 uovmc は一切カスタムUIを利用せず、連携もしていません。
公開の大規模用要サーバーを作る予定はありますか?
DL数からして今のところ作っても需要はないのと、 uovmc の現在の立場はチートや非認可ツールと同列の扱いなので、公認されるまでは少なくとも公開型のネットワークシステムを作る気はありません。
100の SOS を同時に登録して!

セキュアやバック内の SOS を自動で登録して!
勘違いされないように明記しておきますが、 uovmc は自動化を行うためのツールではありません。
あくまでブロードソードの公認を目指すために作成、開発しており、SOSの取得方法も、ただの画像マッチング(グレーな手段をとらないもの)となっていて、導入した理由は、SAクライアントに」標準機能として」同等の機能(ウェイポイントの作成)が存在するからです。
あくまでクライアント間の差を埋めるための補助機能であり、自動化を主旨とするものではありません。
公式クライアント以外に対応しますか?
uovmc は公式の承認アプリケーションを目指す事が第一目標であり、公式以外のクライアントに対応することはありません。
また、 uovmc は他の違法ツールの使用を支援する機能をつける事はありません。
自動で家の位置を記録更新できませんか?

クライアント内に文字を表示することはできますか?
これらは 0b40 以降の UOA-TP モードならば、可能なことではありますが、 UOA-TP モードはサブ機能として設計しているため、それに依存する機能をメインストリームとして取り入れることはありません。

UOA-TP モードは下位互換モードになります。
全プレイヤーを追跡するな!
位置の共有機能はユーザーが任意に建てたホストに、任意に接続しようとしたゲスト間でのみ共有されます。
その共有の中に私は入っていません。
こんなプログラムは信用できない!
このプログラムでは、身元を証明するための正規のデジタル署名をしています。つまり実名を公開した活動であり、もしプログラムに意図的に悪意あるコードを入れている事実があれば、認証局に対して訴える事で、署名は失効し、永久に使用できなくなるでしょう。
同時にそれに刑事事件性等があれば、あなたは容易に私を訴えることができます。なぜなら認証局にある私の個人情報は、事件性があれば然るべき相手へと提示されるからです。

そして、プログラムのネットワークトラフィックやPC内外での行動を解析できる人はプロ、アマチュア問わず多くいます。
そんなに何も調べる技能がないならセキュリティソフトの会社に検査を依頼してみてください。

それでも信用できない場合は使用しないで下さい。
承認されていない!
2022年に更新されるはずだった、承認されたサードパーティーツールのリストは、作成されませんでした。
そのため、このプロジェクトは失敗しました。
承認されることは恐らくないので、それでも使用したい人以外は使用しないでください。
このアプリをダウンロードして、無料でコンピューターをサーバーとして使用できますか?サーバ機能の提供は、無償またはサーバ運用にかかる経費を共同資産として出資しあうならば、報告は不要で、無償で利用できます。
経費以上の対価を要求する。あるいは商業利用をする場合は、追加のライセンス契約を締結しなければなりません。
現在この追加のライセンスを締結している対象はないので、利用に対して対価を要求されるサーバは、全て違法(リアルワールドにおける違法)のサーバということになります。
なぜオープンソースにしないのか?
このプログラムには、UOクライアントを私が解析した結果が含まれています。
そもそもこのプログラムが承認されなかったとしたら、そんなもののソースデータを出してはいけません。

UOAM や UOC がクローズドの開発で止まってしまったのが残念で、それを繰り返すのではないかという危惧は理解できますが、それらの開発が停止した原因は内容すら見ずに悪意あるクレームを書き出す人があまりに多いからでしょう。

あなたがそういった非生産的な人たちの味方をせず、無事承認された暁には、開発が停止することはなかったと思いますが、残念ながらそうはなりませんでした。
© Gakuto Matsumura (uo.mapistrogmail.com) Privacy Policy