シルメラ プロジェクト | thilmera . memews ...       Site Viewer / Auto Update / Version
   
0b141 プロセス別GPU使用率。


 ■ thilmera 7 (Ver.0b26〜) ―――
 分類:システムモニター / パフォーマンスモニター / 温度センサー / 時刻合わせ / 状況表示 / スペック表示 / CPU監視 / メモリ監視 メモリ掃除
  GPU監視 / VRAM表示 / サウンドアナライザー / スクリーンショット / WiFi(S)


 メモリ(スタンバイやページファイルの実際値)やリソースの利用状況。CPU(マルチコア)やGPUの稼働率や温度、クロック。HDD温度やディスク読み書き、通信速度等をリアルタイムで表示するシステムモニターです。

 プロセスのCPU使用率やディスク使用率をランク表示し、システム負荷のボトルネックになっている対象をわかりやすく表示。
 プロセスのGPU使用率やGPUメモリ消費量をランク表示し、PCの用途にCPUとGPUどちらが不足しているかなどを判別できるほか、GPUの利用、非利用のアプリを一目で見極める事ができます。
 CPU,HDD,GPU,マザーの各種温度が指定値を超えると警告する機能を搭載。
 簡単にウィンドウを移動させ、マウスオーバーなどでウィンドウを一時非表示にする設定もできます。
 自由な背景透明化や半透明な表示も可能。
 専用の高速ドットフォントを複数搭載。任意のWindowsフォントを使用する事もできます。
 スクリーンショット保存機能を搭載。矩形選択やアクティブウィンドウの切り取り保存などが簡単にできます。
 PC間データシェア機能で複数のPCの情報を一括表示可能。
 手動および自動メモリパージ機能。(非負荷(無理なHDDへの押し出し無し)タイプ。閾値設定可能)
 ビデオメモリ(VRAM)表示(NVIDIA/7/8/8.1/10)
 シルメラサーマルネットワークによる温度情報共有。
 UACスタートアップ機能。
 PCの音声を可視化するサウンドアナライザー機能。(vista/7/8/8.1/10)
 一部のマザーボード情報。(s)
 WiFiアクセスポイント通信強度一覧。(s)
 ディスク、ネットワークIOの累積読み書きバイト保持。

 Windows XP から Windows 10 まで、幅広い互換性を持っています。

 一部英語表記に対応しています / The English mode included.

 0b111から、署名の一部をSHA256に変更し、セキュリティを強化しました。全リリース版にデジタル署名が施されており、セキュリティが向上しています。
 0b126から、自己チェックにプラスして自己のデジタル署名の確認が行われるようになりました。
 自動アップデートにより最新版を保てる0b85以降への更新を強く推奨します。


 ベクター、窓の杜及びSoftpediaで公開しているアーカイブ以外のthilmeraをダウンロードしないで下さい。
最も注意してほしいのは、シルメラはzipファイルでの公開と自動アップデート配布の2つであり、実行ファイルは全て"Gakuto Matsumura"銘でデジタル署名されています。それ以外の署名や、署名のないパッキングファイルは絶対に実行しないで下さい。
 なお、シルメラの配布物の中に、広告やバンドルソフト、インストールを行うようなものは一切ありません。

 正式に配布している所はベクター窓の社Softpediaのみなので、 必ずこれらからダウンロードしたthilmeraを使用するようにして下さい。(掲示板の管理人書き込みによるテスト版を除く)
 なお、雑誌などで収録された場合、その雑誌名等はこのサイト(thilmera project)で必ず公表するので、記載が無い場合は念のため使用する前に報告いただけると助かります。

 殆どの数値がうまく取得できない場合、突然変な表示になってしまった場合はヘルプ内「表示がおかしい」をご覧下さい。

 【注意】 gdippを使用していると、一秒に何回も描画しているシルメラではメモリリークが酷く、画面を更新する以上、根本的に解決不可能なので、 gdippが改善されない限りはシルメラをgdippの使用除外に設定して下さい。なお、gdipp等の介入がない場合のシルメラは何十日間稼動していても致命的なメモリリークは起こしません。

 ■ ネットワークに一切接続が無い環境でのシルメラの使用の注意点
 ネットワークに一切接続していない環境でシルメラを使用したい場合、証明書の失効確認が取れていない事か原因で、 本体が正規のものか判断できず、起動しない場合が御座います。
「※署名検証時に署名に使用された証明書が、失効されていないかどうかをオンラインで確認するようになっており、その際に、グローバルサインのシステムへのアクセスが発生いたします。
※失効確認をするかどうかの設定は、クライアント環境で変更する事ができます。」

 ブラウザのインターネットオプション中の詳細設定より、失効確認を行わない設定にすることも可能ではございますが、 セキュリティ上は望ましくないため、設定変更には十分お気を付けください。

 thilmera7が行うネットワークへのアクセスの全ては、ヘルプ内の「セキュリティと送信データについて」をご覧下さい。

 ご質問があればお気軽にお尋ね下さい。


 ■ thilmera pro (〜Ver.0b25) ―――
 thilmera proは、ベクターで公開していた0b25以前のシルメラの名称で、 これは元々standard editionとprofessional editionの2バージョンをリリースしていた物のうち、全機能版である後者をベクターに登録したため、名称にproが付いていただけで、 製品版でもなんでもありませんでした。なおthilmera 7はthilmera proの完全な後継バージョンなので、thilmera 7で追加された機能はありますが、無くなった機能はありません。



 ■ thilmera7 twitter ―――
 作者の当アプリ用の公式ツイッターアカウントは@thilmera7です。
 掲示板の内容の抜粋がつぶやかれるアカウントは@thilmeraです。



 ■ スクリーンショット









 雑誌『iP!』2009年10月号にてシルメラが掲載されました。 2009/09/30
 雑誌『Windows100%』2010年1月号にてシルメラが掲載されました。2009/12/14
 窓の杜にて紹介されました。 2010/01/08
 雑誌『週刊アスキー』2010年3月9日号にてシルメラが掲載されるそうです。2010/02/17
 雑誌月刊「アスキー・ドットPC」2010年10月号にてシルメラが掲載されるそうです。2010/07/17
 雑誌『Windows100%』2010年10月号にてシルメラが掲載されるそうです。 2010/08/13
 雑誌『iP!』 2010年12月号にてシルメラが掲載されるそうです。 2010/09/28
 雑誌『Windows100%』2011年03月号にてシルメラが掲載されるそうです。 2011/01/21
 窓の杜にて紹介されました。 2011/01/28
 雑誌『アスキードットPC』 2011年8月号にてシルメラが掲載されるそうです。 2011/04/26
 窓の社2011年5月版で掲載される事が決定しました。 2011/04/26
 雑誌『Windows100%』2011年09月号にてシルメラが掲載されるそうです。 2011/07/17
 雑誌『Windowsフリーソフトコンプリート1000』8月16日発売にてシルメラが掲載されるそうです。 2011/07/17
 雑誌『Mr.PC』 11月号にてシルメラが掲載されるそうです。 2011/08/19
 雑誌『Windows100%』02月号にてシルメラが掲載されるそうです。 2011/12/06
 雑誌『おとなのWindows』2011年12月27日発売にてシルメラが掲載されるそうです。 2011/12/06
 雑誌『windowsフリーソフト1100MAX』2012年03月29日発売にてシルメラが掲載されるそうです。 2012/03/06
 雑誌『Windows100%』2012年07月号 にてシルメラが掲載されるそうです。 2012/05/13
 雑誌『Windowsフリーソフト究極セレクション』2012年9月26日発売 にてシルメラが掲載されるそうです。 2012/09/25
 雑誌『すぐに使えるWindows快適活用テクニック(仮)』2012年10月25日発売 にてシルメラが掲載されるそうです。 2012/09/25
 雑誌『おとなのWindows』 2013/5月号 にてシルメラが掲載されるそうです。 2013/02/07
 雑誌『Windows100%』 月不明 にてシルメラが継続的?に掲載されるそうです。 2013/02/12
 週刊アスキー増刊号『Windows8対応無料ソフト大全(仮)』 にてシルメラが掲載されるそうです。 2013/03/06
 雑誌『おとなのWindows』 2014年2月号にてシルメラが掲載されるそうです。 2013/11/27
 雑誌『iP!』2014年08月号にてシルメラが掲載されました。
 雑誌『Windows100%』 2016年月不明 にてシルメラが掲載されるそうです。 2016/03/15
 雑誌DOS/V POWER REPORT『無料でWindowsが快適になる鉄板フリーソフト2017(仮)』2017年3月末にてシルメラが掲載されるそうです。

 ベクターでのダウンロード数が30万を突破しました。 2013/11/06
 1〜3年目(2011年03月02日〜2014年02月02日)のデジタル署名代がライセンス登録者によりカンパされました。ありがとうございます。
 4〜7年目(2014年04月02日〜2018年05月06日)のデジタル署名代はまだカンパされていません。


 ポーランドのprogramosyでエディターによる5つ星レビューを頂きました。 2014/03/04


 ◆ 企業など組織内での使用
 営利目的(販売等)で使用しない限り、どの団体においても使用に制限はありません。 サポートについては個人利用と同じで、できるだけ対応はするつもりですが、修正の義務は負いません。

 ◆ メディア関係(出版・ニュース等)
 CDやDVDなどへのソフトウェア収録は、ソフトウェアの再配布にあたるため、必ず「thilmera[@]yahoo.co.jp」に連絡し、許可を得て下さい。 掲載誌を頂ける場合はその旨を書き添えて下されば、住所等を返信させて頂きます。
なお、その際に使用するデータは、必ずベクター、窓の社、softpediaにて公開されているzipファイルをそのままの状態で収録して下さい。zipファイルのリネームはしてもかまいません。

 ニュースやブログ等で扱う場合、参照リンク先は必ずこのページにお願いします。thilmeraのスクリーンショットやキャプチャなどの使用、および動画サイトでの利用は自由ですが、 本体データをアップロード(直接配布)するのはご容赦下さい。


 ■ リンクポリシー
 トップページやシルメラサーマルネットワークなど、各ページはリンクフリーです。リンクはフリーですが、コピー(転載をアップロード)やスクレイピング、Botなどの過度のアクセスは禁止です。



 ■ EMOBILE(アダプタea)の取得不具合

 EMOBILE(アダプタea)は、OS管理のパフォーマンス取得で取得できない特殊なドライバを使用していて、ネットワーク送受信が取得できない場合があるようです。これはOSやEMOBILEのドライバの問題なので、現在のところ対応できる方法は見つかっていません。
 0b127での変更でどうなっているかは不明です。


 ■ 高負担時に表示が固まる場合

 デフォルトの設定では、シルメラの優先度はhigh中のhighestなので、表示設定のProcessとThread Priorityでrealtimeのtime criticalを選択する事で、 よほどの高負荷がかからない限り、表示が固まる事はなくなります。




 ■ アンインストール
 シルメラにはインストーラーやバンドル、広告等は一切ありません。
 いわゆるportableというタイプで、zipファイルを解凍してそのまま使用し、使用をやめる場合は基本的にフォルダを削除するだけです。

 注意:S版の場合はガジェット用リンクを使用した場合はレジストリにthilmera7の空フォルダが残ります。
 通常版およびS版のUAC スタートサービスを登録している場合は、本体プロパティからサービス削除を行う必要があります。
 本体がなんらかの理由で起動できなくなり、サービスが残ってしまう場合は

1.スタートボタン→アクセサリ→コマンドプロンプト(Vista以降は右クリックで管理者として実行)を起動(またはcmd.exeを名前指定で管理者として実行)
2. sc.exe delete "thilmera7 service" と打ってエンター

 で消すことができます。サービス登録をしない限り通常この作業は必要ありません。


 ■ 自動起動(スタートアップ)
 liteを除く管理者権限を必要とするもののスタートアップには、独自のサービス登録機能を利用します。 (0b131より通常版にも搭載)
 この機能を利用する場合は、プロパティ>詳細>UAC start&clone サービス登録 を押します。
 デフォルトでは登録を行ったユーザー(OS上のユーザー)でログオン時に登録したシルメラが自動的に起動するようになります。
 OS上のどのユーザーで自動起動するかは同設定の 対象に登録 や、全対象などで設定を行います。

 この機能を使用している場合、アンインストールしたい場合はサービスを削除する必要があるため、上記アンインストールの項目を参照して下さい。







 高品質なシルメラUIをそのままに、軽量化とパッケージ化を行った、メモリパージ機能のみのエントリーモデル、memews(メメウス)。








 ■ Special Thanks!
 OKU! (Illustrator-メイン) [URL]
 ちょろ (2016/07月までのサーバー管理)
 トーマス (Illustrator-ダウンロードボタンhover時のイラスト(寄贈))


(c) 弦生ささと (tsuruki sasato) [L:G15] 2001-2017 All Rights Reserved.
presented by sPherTia laboratory.
mail: thlmera[@]yahoo.co.jp



Copyright © 弦生ささと(sasato tsuruki) All Rights Reserved.